髪の乾燥が気になる季節

暑く紫外線が降り注ぐ夏が過ぎようとしているこうこの頃ですが、お肌同様に髪の毛も何となーく乾燥しだしたように感じます。紫外線対策はしていたつもりでも、やはり完全には防ぐことは難しいですが、これも日ごろのケアが必須という事です。

 

特に暑い季節はドライヤーがとても億劫になってしまいますが、自然乾燥は髪が乾燥するそうです。夏が終わり、今が一番髪のケアをし始めるのにいいチャンスだそうです。そこで私も始めることを決心しました。

 

毛先がパサパサなのも気になりますが、まずは頭皮からケアして見ようと思い、まずはスカルプオイルで毎晩のシャンプーの前に頭全体にオイルをたらし、丁寧に頭皮を隅から隅まで、指の腹を使いマッサージをします。

 

次にスカルプブラシで、優しく髪をとかしていきます。私はセミロングなのでまあ梳かすのも毛先まで丁寧に優しくです。そして数分後にシャンプーをします。シャンプーも頭皮にオイルが残らないように丁寧にすすぎをします。

 

すすぎの時にも、スカルプシャンプーで優しく頭皮をマッサージするように洗い流しながらします。洗い終わったときは、頭がとってもすっきりして、軽くなったようになります。そして、髪の毛パサつきは女性 育毛剤スカルプオイルによってしっとりし、つやつやになります。

 

毛先ももちろん、オイル成分が浸透し、しっとりまとまります。このケアをしばらくは続けて、同時に日々のブラッシングによって、頭皮の血行を良くし、健康な頭皮を保ちたいと考えています。冬の乾燥も、これで万全と思います。サラツヤな髪で秋のおしゃれを楽しみたいです。

 

髪の傷みを抑える方法

パーマやカラーリング、また毎日のスタイリングやヘアアイロンの使用などで、髪はどうしても毎日ダメージを受けてしまいます。ダメージを受けた髪は枝毛や切れ毛になりやすいし、何よりも見た目が美しくありません。では、そんな髪の傷みを最小限に抑えるのには、どうしたらいいのでしょうか?

 

まず、毎日の生活を見直すところから始めましょう。毎日のブラッシングのとき、いきなり頭頂部から梳かし始めていませんか?ブラッシング時に無理に梳かすと抜け毛や切れ毛に繋がりますので、毛先から少しずつほぐすように梳かしていきましょう。

 

ヘアアイロンを毎日行うのも、髪にとっては大きなダメージ。まとめ髪やストレートの日を作ったり、ヘアアイロン用スタイリング剤を使い髪をコーティングしてあげたりして、なるべく過度な熱から髪を守るように心がけましょう。

 

日中、髪のクセを直すために水をつけるのもNG。大切な髪の水分がかえって抜けてしまう原因になりますので、油分を含むトリートメントやスタイリング剤などで対応しましょう。また、美しい髪の大敵である紫外線から守るために、帽子や日傘を適宜使うようにすると良いですね。

 

シャンプーは頭皮に残ると抜け毛や頭皮トラブルの原因になるのでしっかり洗い流し、トリートメントはじっくりと時間をかけて行って下さい。ドライヤーの前にはアウトバストリートメントを使ったり、タオルドライを入念に行い髪を労る努力を。

 

就寝時に髪が湿っていると寝返りなどの刺激で髪が痛むので、しっかりと乾かしてから眠りにつくようにしましょう。ロングヘアの方は、軽くまとめたり三つ編みにして寝るとダメージが少なくて済みます。

 

また、髪に必要な栄養を摂取することが大切です。面倒だなと思う人は育毛サプリなどから栄養を補うことも手軽でおすすめですよ。

 

いかがでしたか?日常のちょっとしたことに気をつけるだけでも、髪の状態は少しずつ良くなっていきます。自分史上最高の美髪を目指して、出来ることから取り組んでいきましょう。

 

PR:ロスミンローヤル 効果 シミに効くロスミンローヤルを実際に試してみたレビューサイト